2014年07月25日

丸沼芸術の森図書館&ワイエスセンター夏季休館(7/23〜8/13)のお知らせ

猛暑の日々ですね。皆様如何お過ごしでしょうか。
お知らせがございます。毎週水曜日に開館しています丸沼芸術の森図書館&ワイエスセンターは、
7/23〜8/13 夏季休館とさせていただきます。8/20〜開館致しますのでよろしくお願いいたします。

お陰さまでワシントン・ナショナルギャラリーで開催中のワイエス展『Looking Out, Looking In』は大変好評のようです。2週間毎に記事が送られてきます。ご興味のある方は以下のウェブサイトをご覧ください。

Hello,
Below and enclosed, please find recent clippings for Andrew Wyeth: Looking Out, Looking In. Please feel free to contact me should you have any problem with the attachments.

Major Newspapers:

Narrow Windows, Bruce Cole, The Wall Street Journal, July 15, (circ. 2,096,169).
http://online.wsj.com/articles/narrow-windows-onto-andrew-wyeths-career-1405374427

Regional Newspapers:

Window into Wyeth, Gary Tischler, Washington Diplomat, July 2014, (circ. 31,778).

Wyeth’s Windows Meant to Awaken Viewer’s Emotions, Ginger Levit, Antique Week, July 7, (circ. 32,864).
http://images.burrellesluce.com/image/6297U/6297U_4275

Magazines:

Quiet American, Kevin Conley, Town & Country, August 2014, (circ. 455,059).

TV/Radio:

The Bob Edwards Show, XM 121 / SIRIUS 205 and Public Radio International, July 16.

posted by blueberry at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月11日

アンドリュー・ワイエス展/ワシントン・ナショナル・ギャラリー

この春、アメリカ合衆国国立美術館、ワシントンのナショナルギャラリー・オブ・アートでワイエス展が開催されます。丸沼芸術の森コレクションから「海からの風」習作など10点が展示されます。
ご興味のある方は、下記のホームページをご覧ください。

http://www.nga.gov/content/ngaweb/exhibitions/2014/andrew-wyeth.html

このナショナルギャラリーは1937年、銀行家アンドリュー・メロンが、美術館設立のための基金と、自身の美術コレクションを連邦政府に寄贈したことに始まる。1941年に大理石造の美術館が完成し、1978年には現代美術展示のための新館が完成している。メロンは、財務長官、駐イギリス大使なども務めたが、駐イギリス大使としてロンドンに滞在中、ロンドンのナショナルギャラリーを参観。母国アメリカにも同様の国立美術館を造りたいとの夢を実現させたものである。誰でも入れる美術館を目指し、開館より入場無料。
posted by blueberry at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月01日

<丸沼芸術の森美術図書館&ワイエスセンターオープニング>



10月26日午後1時30分〜丸沼芸術の森敷地内で建てられた丸沼芸術の森美術図書館とアンドリュー・ワイエス資料館―通称ワイエスセンターがオープンしました。当日は台風27号の影響で風雨が心配されましたが、午後にはすっきりと晴れ上がり多くの方々のご来訪に恵まれ、賑やかな楽しいオープニングになりました。

先ずは須崎勝茂代表の挨拶に始まり、須崎夫人のフルート演奏(ワイエスが愛したバッハのサラバンド)、ボランティア代表佐藤秀夫氏のご挨拶、ワイエス学芸員の中村の作品解説(ワイエス作品5点)がありました。

その後、移動して展示室でティパーティ、乾杯の音頭をボランティアの木下昌晴氏がされ、この開設までの準備に携わったボランティアの皆様も紹介しました。丸沼ベイカリー、パンやこっぺの内海パティシエが焼いたブルーベリーマフィンや数種類のパンがたくさん振舞われ、美味しく和やかなパーティになりました。

今後、図書館とワイエスセンターは毎週水曜日に開館し、ボランティア2名が常駐する予定です。
どなたでも入館して図書を閲覧出来ます。貸し出しはいたしておりません。

・開館時間: 10時〜3時 ・昼食は近くに焼きたてパンを販売するパンやこっぺと人気のお蕎麦の「かつみや」があります
・アクセス: 詳しくは丸沼芸術の森のホームページをご覧ください。芸術の森入り口右側の建物です。
・連絡先 : 電話 048―456−3502
・尚、事情によりやむなく休館する場合があります。事前にお問い合わせ頂けましたら幸いです。
ワイエスセンター.jpg
posted by blueberry at 21:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月14日

丸沼芸術の森美術図書館、丸沼芸術の森ワイエスセンター開設のご案内

  丸沼芸術の森美術図書館、
  丸沼芸術の森ワイエスセンター
    〜開設のお知らせ〜

          
拝啓 清秋の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 さて、かねてより計画中でありましたワイエスセンターと美術図書館が丸沼芸術の森敷地内に完成し、開設の運びとなりました。この建物は丸沼芸術の森が所蔵するアンドリュー・ワイエスコレクションの関連資料と須崎が長年収集した美術関連図書が閲覧できる場所として開放いたします。
丸沼芸術の森がワイエスのオルソンシリーズ238点を入手後約15年が経ちました。この間国内外での展覧会は20館、丸沼芸術の森ワイエス展は10年間続けることが出来ました。これはひとえに皆様のご支援、ご協力の賜物と感謝いたしております。
今後は、日本におけるワイエスセンターとしての役割を担い、さらには美術を愛する皆様が折に触れこの小さなスペースを訪れ、安らぎのオアシスとなるよう努めてまいります。
ご紹介を兼ねて下記の通りオープニングを予定しております。皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。                                           敬具  

                                   平成25年10月10日
                                 丸沼芸術の森主宰  須崎勝茂
                                 ワイエス担当学芸員 中村音代
                                 ボランテイア代表 佐藤秀夫
                                 ボランティア副代表  青木節子

                    記

<オープニング>
日時:10月26日13:30〜17:00 (午前中:月例美術鑑賞会〜“ベン・シャーン” 解説:猪越 )
場所:丸沼芸術の森ワイエスセンター&美術図書館
連絡先:090-6197-5115 携帯メール:blueberry.920-26@ezweb.ne.jp (中村)
丸沼芸術の森展示室: 048-456-2533, 048-456-3502 (猪越)

*尚、この施設はワイエスボランティアをはじめ美術を愛する皆様によって運営されます。 当面毎週水曜日に開館する予定です。当日ご都合のつかない方は水曜日にお訪ね頂ければ幸いです。

posted by blueberry at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月14日

茨城県近代美術館 ワイエス展&丸沼芸術の森アトリエの作家たち展

3/27 茨城県近代美術館で、復興全面支援としてアンドリュー・ワイエス水彩・素描展、同時開催に丸沼芸術の森アトリエの作家たち展がオープンしました。その模様は以下のウェブサイトでご覧いただけます。
http://plaza.rakuten.co.jp/momaibk/diary/201303280000/

美術館の担当学芸員をはじめ、スタッフの皆さんがあらゆる面でこの展覧会に寄せる期待が強いのを感じました。当日は丸沼のワイエスボランティア28名がバスツアーで駆けつけ、オープニングを盛り上げてくださいました。 いつも温かいお気持ちに感謝です。
posted by blueberry at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月20日

宮城県美術館ワイエス展終了

7/22(日)、約2カ月間開催されたアンドリューワイエス展「オルソンハウスの物語」が終了しました。
入場者約18,000人、一日平均約290人が観覧してくださいました。 アンケートも500人以上の方が書かれ、感動的なご感想を寄せてくださいました。

昨年の震災以来、被災された皆様に何か力になりたいと、ワイエスコレクション所蔵家丸沼芸術の森代表 須崎勝茂は、開催に関わる費用をすべて負担しました。さらに自作の湯呑み1000個に「絆」の文字を刻み、オープニングから3日間入館者一人一人と握手を交わし手渡しました。

須崎は展覧会のメッセージに次のように書きました。「『絵が,観る人の魂に響き,良い波動となって人は解放されていく』というワイエスのメッセージが,東北の人々に届き,日々復興の営みの中にあっても,この展覧会に足を運び,癒され,再生へのエネルギーとパワーを感じ取ってくださることを願っております」

そのメッセージは多くの人々の共感を得たようです。私たちは、ワイエスの作品には癒しの力があることを信じ展覧会を進めてきました。皆さまの感想文からその想いが伝わったことを実感し、この時期にワイエス展が出来たことをうれしく思います。感動的な感想の一部を以下にご紹介させていただきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・昨年行なわれるはずだったワイエス展をとても楽しみにしていましたが震災で中止になり、残念に思っていました。今回「待ちに待った」という感じで、とても嬉しかったです。このオルソンハウスのシリーズはほとんど見たことがなかったのでとても感動しました。(仙台市内・40歳代女性)
・開催を聞いて、いわきから足を運びました。震災で不安な日々ですがワイエスの絵にいやされます。ゆのみもありがとうございました。(いわき市・50歳代女性)
・絵を見に来たはずなのに、ワイエスが描いた人たちの人生に思いをはせる結果になりました。人は皆、懸命に生き、そして、死んでいくのだと思いました。(仙台市内・50歳代女性)
・その時代その時代で皆一生懸命に生きているんだな〜と思い、私も一生懸命生きたいと思いました。湯呑みをありがとうございました。お心に感謝したします。(仙台市内・50歳代女性)
・静かな静かな素敵な絵でした。(仙台市内・40歳代女性)
・水彩絵具の奥の深い描き方が素晴らしかったです。風を感じる風景や何気なく置いてある静物への光と影のイメージがホッとする気持ちにしてくれました。(福島県・50歳代女性)
・ワイエスの作品を間近で見ることができ、とても感動しました。この宮城の地で、癒しの波動を静かな画面から発してくれていました。力になりました。ありがとうございました。(仙台市内・40歳代男性)
・26日に闘病中の母を見送り、所在なくて美術館に足がむきました。人の人生や死の意味するもの、大きかった母の人生の終わり、人生で遺したものが、あまりにアンバランスなかんじがして、まだ心は落ちつきません。人生を描いた―オルソンハウスをとおして―ワイエスの時の流れをみながら、人の人生や幸せが何たるかを考えました。(仙台市内・40歳代女性)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

posted by blueberry at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月27日

宮城県美術館 アンドリュー・ワイエス展

2012年5月26日、丸沼芸術の森所蔵アンドリュー・ワイエス水彩・素描120点による展覧会が始まりました。この展覧会は、昨年の4月開始の予定でしたが、震災のため中止。一時は再開が危ぶまれましたが、丸沼芸術の森代表の須崎勝茂が、復興のための全面支援という形で実現しました。須崎はこの展覧会に寄せて、以下のメッセージを送りました。

『13年前、アンドリュー・ワイエスにお会いした時、「あなたの絵には癒しがあります。これを預かり、出来るだけ多くの人々と共有します」と約束しました。
 「絵が、観る人の魂に響き、良い波動となって人は解放されていく」というワイエスのメッセージが、東北の人々に届き、日々復興の営みの中にあっても、この展覧会に足を運び、癒され、再生へのエネルギーを感じ取ってくださることを願っております』
丸沼芸術の森代表 須崎勝茂

須崎が周囲を驚かせたことがありました。展覧会の期日が決まると、「会場に足を運んでくださる人々に何か記念になるものを贈りたい」と、湯呑みを1000個作ることを思いつき、昨年10月から毎晩自分のアトリエで制作に励みました。そして、すべての湯呑みに心を込めて「絆」の文字を書き入れたのです。
これを来館者一人一人に手渡ししたいと、1000人達成まで仙台へ3日間滞在しました。所蔵家がこのような貢献をされるのは前代未聞のことと、美術館の皆さんや思いがけないプレゼントをいただいた人々は驚いていました。須崎の想いとワイエスの絵がみんなの心に優しく寄り添い、穏やかで幸せなひと時を過ごされることを願っています。
posted by blueberry at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月07日

ワイエス・ボランテイア記念植樹祭

植樹祭メッセージ.doc 約1年以上もこのブログを書かなかったことを大変申し訳なくここにお詫びいたします。昨年行われたワイエス関連の展覧会、イベントなどを振り返り少しずつ書いていきます。

まず、2010/12/12、10回目の丸沼芸術の森ワイエスコレクション展が埼玉県近代美術館で終了しました。10年間支えてくださったボランティアの活躍がワイエスルームで紹介され、関心を寄せる人々も多く今後も続けてほしいという声もありました。さまざまな形で関わった100人以上ものボランティアが丸沼芸術の森に一つのすばらしい歴史を作ってくださいました。 アメリカのワイエス夫人や息子たち、孫、学芸員たちもこの活動に大変感銘を受けられて、感謝の言葉を送ってくださっています。


昨年のボランティアによるイベントの始まりは、5月21日に行われたワイエス記念植樹祭でした。ボランティア代表の佐藤秀夫さん、青木節子さんが発起人となり素晴らしい記念植樹と丸沼芸術の森で制作活動をされている芸術家渡辺一宏氏による立派なモニュメントが設置されました。 

青木さんと佐藤さんによりますと、
「埼玉県立近代美術館で開催されましたワイエス展の際に
「ワイエス・ボランテイア 10年の歩み」を展示させて頂きました。
皆様の記憶の中には忘れることなく残され続けていると思います。
 しかし、丸沼芸術の森に何か思い出をたどる記念になるものが
ありましたらと思い、記念植樹を考えました。
樹木はアメリカ花ミズキ(ワイエスの母国の花でもあり、
日米交換の花、さくらにちなみました)」とのことでした。
お二人のご尽力に感謝するばかりです。


植樹された場所は、丸沼芸術の森展示室に入る手前右側の木立の中です。 ご訪問の折にお立ち寄りいただければ幸いです。
   
 
    
posted by blueberry at 23:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月08日

オルソン・ハウスの物語

 心待ちにしていた展覧会がやっと実現しました。 このたび、埼玉県立近代美術館のご協力により、丸沼芸術の森ワイエスコレクションの全貌を紹介する展覧会を開催することが出来ました。
この展覧会は2000年から始まった丸沼ワイエスコレクションによる国内外での展覧会並びに、丸沼芸術の森でのワイエス展&フォーラムの10周年を記念するものでもあります。水彩、素描、テンペラ(習作)、合わせて238点というボリュームのある展示は日本で初公開です。

9月25日から始まった展覧会は昨日1万人を突破しました。ワイエスの魔術的なテクニックと言われる水彩、素描がこれほど見られることに観客は感激して数回訪れている方もいます。 北海道、四国、京都など遠方からも熱心なワイエスファンが来られました。 

ワイエスが描いた、オルソンの家、アルヴァロ、そしてクリスティーナを追ってギャラリーの中を進むと、いつしか彼らの暮らしの中に自分も生きているような錯覚に陥ります。たくさんの絵が頭の中で整理されて次第に一つの完結された物語を見届けた気持ちになりました。ワイエスが30年もの長い間オルソンの家を見続け、描いてくれたことに感謝せずにはいられません。ワイエスの言葉―「人の愛が深まっていくのと同じように芸術も深まっていく」は、彼の絵から自然に伝わってきます。

最後の展示室の近くでは、学芸員の前山先生が制作した映像がフィナーレにふさわしい雰囲気を醸し出しています。実際にオルソン・ハウスを訪れて撮影された映像は、素朴な音楽と見事に調和してすばらしいのです。


美術館内に丸沼ワイエスコーナーとして1室設けさせていただきました。 丸沼芸術の森でのフォーラムの様子やワイエスの写真などたくさん展示して、皆様に楽しんでいただけるようにとボランティアが常駐しております。展覧会ご観覧の後お立ち寄りいただけましたら幸いです。
多くの皆様と感動を共有したいと思います。
posted by blueberry at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月13日

ワイエス93歳の誕生日祝い

7月12日はワイエスの誕生日でした。ご存命であれば93歳になっていました。 ワイエスオフィスからの便りによりますと、ワイエスが住んだ二つ地ではそれぞれワイエスを偲びお祝いの行事が行われたそうです。

メイン州ロックランドの「Farnsworth Art Mmuseum」では大学教授Henry Andersonの講演があり、ペンシルベニア州チャッズフォードの「Brandywine River Museum」では5個の大きなバースデーケーキが観覧客にふるまわれたそうです。入場料無料ということで午後2時までには800人が入り、ケーキはあっという間になくなったそうです。

ワイエスが他界されて約1年半が過ぎましたが、彼の人気は益々上昇中です。ワイエス夫人は今年は例年より早めにメインに行かれたそうです。きっとワイエスが待ち焦がれていたことでしょう。
posted by blueberry at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記