2007年07月26日

ワイエス展〜Gilcrease Museum, オクラホマ州

去る6月1日、アメリカオクラホマ州、タルサ市にあるギルクリーズ・ミュージアムで、丸沼芸術の森ワイエスコレクションによる展覧会がスタートした。8月26日までの約3ヶ月間の開催である。私は5月14日から展示作業に立会い、オープンまでの約3週間を美術館のスタッフと共に過ごした。丸沼コレクションが大変貴重なものであることを再確認させられ、ワイエスがいかにアメリカ国民に愛されている画家であるかということをひしひしと感じた日々、現地でのレポートを紹介したい。about Gilcrease Museum.doc
posted by blueberry at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
楽しく読ませていただきました。
ArkansasとOklahomaの州境にある大学に行っていたこともあり、Tulsaには今もよく行きます。
Gilcreaseにも何回か行ったことがあり、ネイティブアメリカンのコレクションには息をのみました。東京で展覧会が開催できないかとGilcrease側と話しましたが、すでに宇都宮美術館から話が行っており(宇都宮とTulsaは姉妹都市)、こちらは断念したことがありました。
何年か前に妻と子供を連れてGilcreaseに行きましたが、ふたりとも非常に感動していました…。
機会があればまた連れて行き、"Osage"(?)で食事しよう、と思っています。
Posted by 鈴木 裕 at 2008年02月18日 12:07
鈴木裕 様 

メッセージをお書きくださいましてありがとうございます!Tulsa のGilcreaseをお訪ねになったことがあるなんて、とても嬉しい情報でした。本当にネイティブアメリカンのコレクションがたくさんありましたね。美術館は美しい自然に囲まれていて素敵でした。特に私は美術館のスタッフやボランティアの方々の優しさをたくさん感じることが出来ましたので、Gilcreaseが大好きになりました。いつかまた訪れたいと思います。 鈴木様が日本へご帰国されます時には丸沼芸術の森へも是非お立ち寄りくださいませ。 感謝をこめて。
Posted by Bluberry at 2008年03月04日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4826693

この記事へのトラックバック