2008年05月11日

アンドリュー・ワイエス展&フォーラムへのご参加ありがとうございました

 さる4月12日〜27日に開催された丸沼芸術の森「アンドリュー・ワイエス&フォーラム」は盛会に終了いたしました。小さな展示室へ1000人以上の観覧者が訪れ、改めてワイエス人気を感じました。26.27の両日に開催されたフォーラムへは、遠く広島や京都から参加された方もあり、ワイエスを見て、語って楽しいファンの集いになりました。2日間の講演、「ワイエスの技法と作意を探る」、「見えるものとの対話」は、ワイエスの絵画歴、丸沼芸術の森コレクション―オルソンハウスシリーズに描かれた、家とそこに住んだ姉弟との交流、作品の読み解きや、技法の分析など興味深く実りあるものとなりました。
 また、ワークショップの分科会「作品の背景ーペンシルベニアとメイン」「見えるものとの対話」「偶然と必然の試み―水彩技法(実技)」は各自がご自身のワイエス観を語ったり、技法での新たな発見など楽しまれたことと思います。
 参加者のお1人から次のようなご感想が寄せられました。「丸沼芸術の森のお取り組みを直に体験させていただき、あらためて感激した次第です。このような貴重な取り組みが普段着のスタンスで和気あいあいと行われていることがとても素晴らしいことだと思いました。講演では貴重なお話をお聞きできてワイエスがまた今までと違ったかたちで近づいたように思います。ワークショップでは、色々な方達と楽しいお話ができて貴重な時間を過ごさせていただきました。実はもっとお話を続けていたかったです。」 来年もまた楽しい企画をしていきたいと思います。改めて多くの皆様のご協力に感謝いたします。
posted by blueberry at 15:28| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記